×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

恋愛を操るフェロモン

恋愛フェロモンとは?

フェロチカホーク(男性用)8ml【翌日配送】 フェロモン香水でモテモテ【これこれ倶楽部】

 フェロモンとは「動物個体から放出され、同種他個体に“特異的な反応”を引き起こす化学物質」と定義されます。
 「仲間を集める」、「身の危険を知らせる」、「道を教える」、「異性をひきつける」など、自分と同じ種に対して情報を伝えるための物質で、昆虫から魚類・哺乳類などの動物まで広くその存在が知られています。
フェロモンは、汗腺などを通して体の外に放出され、ごく微量であっても脳に直接働きかける、生物の行動に強力な影響力を持つ物質なのです。

 

フェロモンの特徴

 フェロモンの存在は、古くは『ファーブル昆虫記』の中でも注目されており、18世紀から知られていました。
 フェロモンの特徴はごく低濃度でもその効果を果たすものが多く、また本能に直接働きかける強力なものであることが分かっています。
 しかし近年まで、フェロモンは言語など情報を伝えるための手段を持たない生物が持っているもので、ヒトにはフェロモンはなく、感知する器官も存在しないと考えられていました。

 

ヒトフェロモンの発見

 1987年頃、当時アメリカのユタ大学で人間の皮膚から生じる物質について研究していたデービッド・バーライナー博士は、ある時人間の皮膚から採取されたあるエキスの入ったビンの蓋を閉め忘れて置きっ放しにしてしまったことに気付きました。すると、今までとても陽気な雰囲気とはいえなかった研究員同士の間で、頻繁に笑いが起こり、友好的なムードになりました。さらに、いつも事務的でほとんど話さない女性が「お昼にトランプをやらない?」とみんなを誘ったことで、ますます博士の疑問は増しました。 しかし、その後そのエキスが入ったビンに蓋をすると、研究室は以前と同じように議論が度々起きるような暗い雰囲気に戻ってしまったというのです。
 この出来事をきっかけに、博士はヒトフェロモンの研究が進め、当時科学者の間では退化した不要の器官であると思われていた鼻の先端の小さなくぼみ「鋤鼻(ジョビ)器官」が、フェロモンを感知し、脳の視床下部が反応することで、人間の行動に影響を与えることを発見しました。

 

実生活への応用

 実は、ネットで検索して見れば分かるのですが、「フェロモン香水」といったものは実に多く発売されています。
 ただし、それらの商品を見ていくと

 

@他の動物の精嚢などから抽出した物質
Aヒトフェロモンの分析結果をもとに人工的に精製
Bヒトから抽出したフェロモンを利用

 

 といった種類があることが分かります。

 

 さらにこれらの商品のレビューを丹念に調べていくと、どうやら異性を引きつけるという効果は B>A>@ という順になるようです。なかでも@に関しては、実質的に効果があったという信頼性の高いレビューはほとんどありませんでした。一方、モテているヒトから実際に抽出したフェロモンに関しては、強烈な効果が期待できるようで、多くの成功談が寄せられています。
 ここでは、多くのフェロモン関連商品から、その評判の高い厳選された数点だけ紹介しておきます。
 ともかく即効性が高いモノですので、まずはあなた自身が体験してみてください。


恋愛フェロモンとは?記事一覧

フェロチカホーク

商品名:フェロチカホーク内容量:28ml(レギュラー商品8ml.の3倍強の容量で価格は3倍弱のお得なボトルです)※フェロチカホークは化粧品の認可を受けた正規の商品です。臭い:無香あなたの願いを叶えます 高嶺の花と諦めていたあの子、ふられたけれど、どうしても忘れられない彼女…。その他明日の合コンやナン...

≫続きを読む

 

フェロモンエロス

商品名:フェロモンエロス プラチナ内容量:8ml(30回分)無香料フェロモン香水の最高傑作 支持率&リピート率No.1。首筋や手首、耳の裏などに軽くスプレーするだけで、女性の方から欲情、肉欲、本能むきだしに! これまでの一般的なフェロモン香水を遥かに凌ぐと好評の効果と威力を是非お試しください。 自然...

≫続きを読む

 

ad



 
恋愛心理学 恋愛フェロモン 恋愛資料室 コラム サイトマップ