×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

恋愛を操る恋愛心理学

彼女に相談されたら?

はーと

 「ちょっと相談があるの…」気になっている彼女からこんなことを言われると、ちょっと気合い入ってしまいますよね。また、相談に乗っていく過程でお互いの距離が縮まった、という話もよく聞きます。
 でも、ちょっと待ってください。実は「相談がある」という言葉、男性と女性で結構とらえ方が違うんです。そのため、それを知らないで頑張って「相談に乗る」と、思わぬ悲劇が待ち構えているかもしれません。
 では、彼女の相談に対しては、どのような姿勢で臨めばいいのでしょうか。恋愛心理学的に考えていきましょう。

女性が考える「相談」の意味

張り切って「アドバイス」はNG?

 「相談があるの」と言われると、我々男性は「良いアドバイスをしてあげよう」ということを第一に考えます。事前に相談内容を知っていたら、ちょっとリサーチしてから「相談」に臨むくらいのこともするかもしれません。でも、実は女性の感覚は違うというのです。
 もしかしたら、こんな経験はありませんか? 一生懸命アドバイスをすればするほど彼女の機嫌は悪くなり、ついには「あなたって私の話を全然聞いてくれないのね」と逆ギレされてしまう…。「なんて女って理不尽なんだ」と思うかもしれませんが、これが男女の心理の差なのです。

ともかく「聞く」ことに徹すること

 彼女に「相談がある」と言われたら、大事にことはまず「アドバイスしたい」という気持ちをグッとこらえて、まずは彼女の言うことをじっと聞いてあげることです。これだけで彼女はあなたに感謝してくれるでしょう。そのとき、うなずいたり、彼女の言った言葉を繰り返したりしてあげると、彼女に「一生懸命聞いてくれている」という印象を与えることができます。ともかく大事なのは、彼女の言葉を遮って「アドバイス」したり、中途半端なところで反論しないこと。これをすると、多くの場合「私の話をちゃんと聞かないで適当な話でごまかしている」ととらえられてしまいます。慣れない男性にとっては難しいかもしれませんが、一度意識して頑張ってみましょう。

「アドバイス」がほしい

 多くの場合彼女は自分が話したいことを全部話すことで気持ちが落ち着いてきます。場合によっては、話を聞いてあげるだけで「相談」の内容が解決したと感じることも少なくありません。そして、最後まで話を聞いてくれたあなたに対して親近感と信頼感を抱くことでしょう。そして、この信頼感が高まってくると、今度はあなたに対して具体的な「アドバイス」をしてほしいと思うようになる場合もあります。
 実は女性は男性よりも誰かに「教えられたい」という気持ちが強いという特徴もあります。しかし、誰からでも「教わりたい」わけではないことは分かりますよね。じっくりと自分の話を聞いてくれる「信頼できる」人の話なら「聞きたい」のです。ここまで彼女との信頼関係を深めることができれば、その関係をもう一歩進めることはそんなに難しいことではないはずです。


ad


彼女に相談されたら?関連ページ

彼女との距離を縮める方法
恋愛心理学では基礎的な「距離を縮める方法」をご紹介します。
どうやって誘う?
恋愛心理学に基づいた彼女の誘い方、教えます。
初対面でこれはNG!
初対面の彼女と話すときにしてはいけないことにはこんなことがあります。
彼女に好かれるには?
「恋愛」のすべては科学で説明できます。恋愛心理学・フェロモン・脳内ホルモンなどを知れば、貴男の恋愛は変わります。
話が弾まないときは?
会話上手になれる方法とは? 恋愛心理学的の力で彼女と楽しく会話しましょう。
好意を持たれる話題
初対面の彼女とどのような話をするかで、その後の反応も変わってきます。
ケンカをしてしまったら?
ケンカをしてしまったとき、どのタイミングで関係を修復するか。恋愛心理学的に答えを探ってみます。
高いプレゼントはNG
好きになると、自分の気持ちを伝えたくてどうしても頑張ったプレゼントを贈りたくなります。でも、それは恋愛にとって逆効果かも知れません。
しぐさで見る恋愛心理
恋愛心理学では、無意識のしぐさから彼女の心の中を見通すことができます。

 
恋愛心理学 恋愛フェロモン 恋愛資料室 コラム サイトマップ