×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

恋愛を操る恋愛心理学

話が弾まないときは?

はーと

 話しをしていて、なかなか話が弾まないな、と思うこともあるかと思います。
 また、好意を持っている彼女との関係がなかなかはっきりしない時など、どのように気持ちを聞いたらいいのか悩むこともあるかもしれません。
 ここでは、会話を構成する2種類の質問と、その質問の上手な使い方について、恋愛心理学的に考えていきたいと思います。

2種類の質問

 心理学でカウンセリングをするときなど、大きく分けて2種類の質問のしかたがあります。
 それは、「閉じた質問」と「開いた質問」。
 「閉じた質問」とは、イエス・ノーで答えられる質問のこと。
 「昨日は楽しかった?」
 「好きな人はいるの?」
 というような言い方のことですね。
 一方で「開いた質問」とは、「何が?」「どうして?」というような、イエス・ノーでは答えられない質問のことです。
 「昨日は何をしていたの?」
 「どんな人がタイプ?」
 というような質問がこのタイプですね。

「開いた質問」の利点

 「開いた質問」は一般的に相手の気持ちを引き出しやすいといわれています。相手も自由に答えられますし、会話が順調なら「開いた質問」を多く使っていくといいのではないかと思います。
 しかし、逆に相手が迷っていたり話しにくそうにしている場合、「開いた質問」を連発していると会話は途切れてしまいます。また、余計相手を困らせてしまったり、めんどくさく思われてしまうかもしれません。
 そのようなときは「閉じた質問」が有効です。何せ二択で答えることができるので、答える側の負担が少ないからです。
 このように、話しが順調なときは「開いた質問」、滞ってきたなと感じたら「閉じた質問」と使い分けていくことで、会話にリズムが生まれてきます。
 もちろん、上記のことは実際には慣れも必要ですが、知識として頭の隅に置いておくと役に立つのではないかと思います。

「閉じた質問」から相手の気持ちを誘導

 ここからが本番です。
 イエス・ノーで答える「閉じた質問」ですが、時と場合によっては相手の気持ちを誘導するような使い方をすることができます。
 「僕のこと、嫌い?」
 こう言えば相手は、よっぽどのことがない限り
 「そんなことないよ」
 と答えてくれるはずです。
 その時あなたはひと言、「よかった」と言って、嬉しそうな顔をすればいいのです。そうすれば相手は自然にあなたに対してプラスの気持ちを向けたと同じように気持ちになるはずです。
 ちなみに相手が迷っているような状況で「開いた質問」で「僕のこと、どう思っているの?」と聞いたとしたらどうでしょう。相手の迷いは余計強まるだけでしょうね。

 

 なお、このような質問のしかたは日常の会話でも使うことができます。
 「昨日はどうだった?」
 というような開いた質問で相手が答えに迷っているときは
 「あれ? 楽しくなかったの?」
 というような閉じた質問をすることによって、少しずつ会話を引き出していくことができるのです。


ad


話が弾まないときは?関連ページ

彼女との距離を縮める方法
恋愛心理学では基礎的な「距離を縮める方法」をご紹介します。
どうやって誘う?
恋愛心理学に基づいた彼女の誘い方、教えます。
初対面でこれはNG!
初対面の彼女と話すときにしてはいけないことにはこんなことがあります。
彼女に好かれるには?
「恋愛」のすべては科学で説明できます。恋愛心理学・フェロモン・脳内ホルモンなどを知れば、貴男の恋愛は変わります。
好意を持たれる話題
初対面の彼女とどのような話をするかで、その後の反応も変わってきます。
彼女に相談されたら?
「相談があるの…」このひと言にどう応えるかであなたと彼女の距離が変わります
ケンカをしてしまったら?
ケンカをしてしまったとき、どのタイミングで関係を修復するか。恋愛心理学的に答えを探ってみます。
高いプレゼントはNG
好きになると、自分の気持ちを伝えたくてどうしても頑張ったプレゼントを贈りたくなります。でも、それは恋愛にとって逆効果かも知れません。
しぐさで見る恋愛心理
恋愛心理学では、無意識のしぐさから彼女の心の中を見通すことができます。

 
恋愛心理学 恋愛フェロモン 恋愛資料室 コラム サイトマップ